北村 優子

北村 優子

海外の大学に教師として派遣中に結婚。第一子を出産後、仕事復帰をする。 しかし、子供を預けて働くことへの罪悪感や、産前のように働けない環境にストレスを感じ始める。 周りに相談もしにくく、夫も仕事で不在気味。仕事も育児も両立しようと一人で頑張り続けた結果、食べ物の味がわからなくなるほど、精神的に追い詰められる。 「何とかしたい」との思いで、ネットで検索し、カウンセラーに話を聴いてもらう。 それまで、夫や環境が悪いと思っていたが、自分が自分を大切に出来ていなかったことや、自分だけのやり方にこだわってコミュニケーションをうまく取れていなかったことにも気づく。 気持ちが落ち着いたとき「頑張りすぎて、追い詰められている母親は、他にもいるのでは?今度は、私がそういう母親のサポートをする番。それが子供の幸せにつながる」との思いで、2ヶ月に1度日本へ帰国し、カウンセリングや心理学を本格的に学ぶ。 現在は帰国し、1男1女の母として、自身の育児にもアドラー心理学を取り入れながら、働くママを対象に子育てに役立つアドラー心理学講座やアサーション講座を開催している。 その他にも大学の非常勤講師としてアドラー心理学などの授業を担当。 また「全ての子供たちに高い自己肯定感を持ってほしい。学ぶことの楽しさを知ってほしい」という思いから、教師向けのアドラー心理学ワークショップも開催。 海外生活の経験から、日本だけでなく、世界中で頑張る女性が家庭も仕事も大切にしながら活躍し、その女性たちが子供、家庭、社会に幸せを広げることが夢。 北村の実績はこちらからご覧ください。