子ども

 

 

叱る

 

って、エネルギーがいりますよね。

 

叱る

 

うちに、自分自身がヒートアップしてきて

 

「あれも」「これも」「他にも」「そういえば前も・・・」「あの時も・・・」と、どんどんどんどんエスカレートしていくこともあります。

 

私は大人になってから、そういう経験をしたことがあります(^_^;)

 

話がどんどん逸れて、広範囲に及び。

過去の私の至らなかった点にも及び。

もはや、何が最初のトピックだったのか、分からなくなり・・・とりあえず相手が怒っているのだけは分かりました(^_^;)

 

そのときは、正直なところ心が折れました、至らない点があるのは認めるんだけど、なんというか、頑張っても頑張っても、青天井に要求をされているような気分になりました。1人で泣きましたね。

泣いている女性のイラスト

 

ダメ出しは、しようと思えばいくらでもできます。

 

だって、100%完璧な人間なんていないんだから。見つけようと思えば、欠点はいくらでも見つけられるし、過去にまで遡れば終わりはないですよね。

 

心が折れて回復に時間がかかっただけで、現状を良くする気力がなかなか湧きませんでした(^_^;)次々に溢れてくるダメ出しにより、何から手をつけていいかわからなかったということもあります。

 

私の先生は言っていました。「子どもを

 

叱る

 

ときは、トピックは1つ!数分で簡潔に!」

 

アドラー心理学というわけではなく、子育ての本によく書いてあることかもしれないけれど、「すごく大切なことだな!」って思った記憶があります。でも実際に子どもを

 

叱る

 

とき、怒りやイライラの気持ちからヒートアップしてしまい、話が広がったことって皆さんないでしょうか?私は・・・あります(;_;)でも、大人の自分でも心が折れたんだから、子どもはもっとしんどいよねって思います。

 

【子どもを叱るときは・・・トピックは1つに!】この言葉、心にメモメモ〆(._.)

 

************

「勇気づけのアドラー心理学 体験講座~イライラや怒りの気持ちと向き合う~」のご案内

日 時:4月28日(木) 10:00~13:00

※12時からはお子様も交えたランチミーティングです。

会 場:宇都宮市西川田本町2-6-16 collabo mall内

人 数:6名限定

参加費:1,800円 ランチ付き

申し込み:こちら(http://precious-family.com/contact)からお申し込みください。

講座詳細はこちら(https://www.facebook.com/events/914333788684914/)をご覧ください。