誰にでも「こういう感じの人、実は苦手だわ~」と感じるタイプってありますよね。

 

✔甘え上手な人が嫌い。

✔すぐ怒る人が嫌い。

✔ズバズバ物を言う人が嫌い。

✔ゆっくり考えながら話す人が嫌い。などなど

 

私の場合は、甘え上手なタイプの人が苦手でした。

 

今日は、苦手なタイプの人に出会ったとき、自分がラクになる方法についてのお話です。

 

私が必死で苦労しているとき。こんな人(↓)を見ると、イライラしていました。

 

・「それ、私の仕事じゃないんですけど?」と言って、仕事を断る。

・人に頼って、サクッと作業が終わる。

・わからないことは、すぐ人に聞いて解決する。

 

音楽を聴きながら仕事をする人のイラスト(女性)

 

私はどちらかと言うと、こんなタイプ(↓)でした。

 

・自分の仕事が大変でも、頼まれたらつい引き受けてしまう。

・切羽詰っても、なかなか人に仕事を振れない。

・わからないことは、ギリギリまで何とかして自分で調べる。

 

仕事を投げ出す人のイラスト(女性)

 

人に甘えたり頼ったりすると、「迷惑かも」「嫌われるかも」「能力がないと思われるかも」と考えて、なかなかできませんでした。

 

不器用で、一人でがんばっては大変な思いをする。

 

だから、甘え上手な人を見ると、無性に腹が立ったり・・・。

 

仕事の引き継ぎのイラスト

 

これって、心理的に何が起きていたかと言うと。

 

私も、「本当は人に甘えたい」「頼りたい」気持ちがあるのに、それを我慢しすぎていた証拠です(笑)。

 

例えば、妊娠中だから、大好きなお酒を我慢している時に。

 

みんなが楽しそうに、ごっくんごっくんビールを自分の目の前で何杯もおかわりして飲んでいたら「ちょっとは気を使ったら???」と腹が立ちませんか?

 

合コンのイラスト「ビールで乾杯」

 

建前で「飲み過ぎは体に良くないよ~」なんて言いつつ、本音は「私も飲みたいんだけど!!!」だったり(笑)。

 

嫌いな人は、私たちが我慢していることは何か?を教えてくれているという考え方があります。(心理学の用語で、シャドウといいます。ユングという心理学者が提唱したものです)

 

「この人がしていること、本当は私もしたいのに、我慢しているのかも?」という目で見てみると、何かに気づくかもしれません。

 

我慢って、習慣のようになっていて、自分では意識していないものもけっこうあるんです。

 

自分が過剰に我慢していることがわかれば、「我慢しないで、私もやってみようかな?」って思う選択をすることもできます。

 

そうすれば、少しラクになれますよね。

 

こんな考え方が分かってからは、「甘え上手な人に苦手意識を持つってことは、私も甘えたいんだなあ。困ったときは、人に頼るという選択肢も持とう」と少しずつ思えるようになってきました(#^.^#)

 

そして、自分も適切に人に頼れるようになってくると・・・

 

甘え上手な人を見ても、前ほど苦手意識を持たなくなるんですよね♥不思議です。

 

みなさんは、どんなタイプの人が苦手ですか?