コミュニケーション能力を高める

 

3回シリーズの最終回です。

 

アサーション

 

日本でも、色々なところで取り入れられています。あまり馴染みのない言葉のようで、ブログを読んでくださった学校の先生、看護師さんから「アサーション知ってる!」「アサーションのトレーニングを受けたことがある!」という声をいただきました。家庭でも、学校でも、病院でも、会社でも、どこにいってもコミュニケーション能力は大切なんだなあと感じます。

 

******************

イヤイヤ期サポーターの北村優子です。栃木県宇都宮市で子育てをするママに「とってもカンタン!アドラー心理学を日常に取り入れて、疲れる子育てから卒業する方法」をお届けしています。

******************

 

アサーション

 

アサーションを私なりの言葉で簡単に説明するときに

 

思ったことは何でも率直に言ってもいいと書きました(↓)。

 

http://precious-family.com/blog/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E8%83%BD%E5%8A%9B%E3%82%92%E9%AB%98%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BD%9E%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-2/

 

「ということは、腹が立ったときに子供に対して「バカ」「○○しない子は要らない」なども言ってもいいの・・・?」

 

それは違います。先日のブログに書いたように、アサーションは「公平」「平等」という考えが根底にあります。「自分も相手も尊重する表現方法」で、アドラー心理学でいえば、「横の関係」です。

 

  • バカ→偉い人から偉くない人への評価。侮辱的だし、言われたほうは否定されと感じる。
  • 要らない子→養っている人が養われている人を突き放すような言葉。要らないと言われたら、子供はどこへ行けばいいんでしょう。。。

 

公平、平等、横の関係の言葉には感じられません。相手を尊重する言葉にも感じられません。公平、平等、横の関係と難しく考えなくても、「もし自分が『バカ』と言われたら?」「もし自分が、『あなたはこの会社に(この家庭に/このPTAに/このサークルに)要らない』と言われてしまったら?」と考えてみると、分かりやすいと思います。相当なショックですよね。すごく傷つきますね。

 

ひどい言葉とまではいかないにしても、本当にどうしようもなくイライラしていて、言い方がきつくなってしまうこと、叱りすぎてしまうこともあります。私達ママも人間で、完璧じゃないから。そして、あとで子供のかわいい寝顔を見たり、無邪気な笑顔を見たりして、「あー。きつく言っちゃったなー」と、後悔、自己嫌悪に陥る。。。

 

hansei_koukai_woman

 

でも・・・。アドラー心理学の先生に

 

「上書き保存できる」

 

そう聞いたとき、ホッとしました。

 

上書き保存は、子育てだけじゃないと思います。

 

夫と大喧嘩して、傷つけることを言ってしまった。でも「ごめんね。さっきは言い過ぎたよ。私も悪かったよ。」これで仲直りしたことがありませんか? そのあともっと本音で話せる関係になったと感じたことはありませんか?

子供の頃のお友達とのケンカも同じかもしれません。

 

date_couple

 

すぐ側にいて、親しくて、大切な人。だからこそ、ついつい甘えが出て、きつく言ってしまうこともあるかもしれません。でも、すぐ側にいて、親しくて、大切な人。だからこそ、上書き保存ができるのだとも思いました。(どうでもいい相手だった場合、1回こじれてそれでオシマイだったりしますよね)

 

ヒートアップしてついつい言葉がきつくなってしまった時。そんなときは、「ママ、昨日は時間に追われて、イライラしていて、きつく言ってしまったの。後悔しているよ。悲しかったよね。ごめんね。」「ママ、今日は体調が悪くて疲れていたから、つい言葉がきつくなってしまった。悲しい思いをさせてごめんね。」なんて「上書き保存」もできると思います。

 

小さな子供に対してもです!

 

言い方はきつくないほうがいいのだろうけど、もしきついことを言ってしまっても、そのままほったらかしより、謝ったほうが断然いい!と私は思っています。

 

アサーションに「子供にかける言葉の一覧表」があるわけではありません。

 

でもこういう上書き保存も、

 

アサーション

 

です。自分のことを説明して理解を求め(時間がなくてイライラした。後悔している)、そして相手の気持ちにも配慮しています(悲しかったよね)。

 

自分も相手も大切にするコミュニケーションです。

 

family_danran

*************************

10月の「アドラー心理学体験講座@宇都宮」の内容です。

10月のテーマは「自分も相手も大切にするコミュニケーションの取り方」です。アドラー心理学だけではなく、上記のアサーション、またカウンセリングのスキルも織り交ぜて、お伝えします。知識もお伝えしますが、実際に「聴く」「話す」の実践練習をたくさんして、日常生活に生かせるようにします。

 

日 時:10月15日(木)10:00~13:00 (残り1席)

10月29日(木)10:00~13:00

※12:00からはお子様も交えたランチミーティングです。Slow café mikinokoさんが、心も体もほっこりするメニューを考えてくださっています。

※託児もご用意しています。お問い合わせください。

会 場:コラボモール本店(栃木県宇都宮市西川田本町2-6-18)

人 数:6名限定

参加費:1,000円(ランチ付き)

申込み:HP内のフォームよりお申し込みください。

http://precious-family.com/contact/