イヤイヤ期サポーターの北村優子です。栃木県で子育てをするママに「とっても簡単。アドラー心理学を日常に取り入れて、疲れる子育てから卒業する方法」をお届けしています。

 

*****************************

 

いつもお世話になっているハッスルウェブさんが開催する「モチベーションスイッチ体験会」に参加してきました。

 

「人をやる気にさせることに特化した心理学」おもしろかったです♬

 

先生2人が漫才のようなかけあいで、分かりやすく例を説明してくださり、こういう講座は初めてでした。

 

「人をやる気にさせる・・・の前に、まず自分がやる気になりたい(^_^;)」と思ったのですが、自分がどのタイプで、どうしたらやる気が出るのかということがよく分からず、もやもやしました。「今回は体験会なのでもやもやするように作ってある」と最後の方でお聞きして「なるほど~。これはぜひ本講座にも行きたい!」と、まんまと思ってしまいました(笑)。

shigotohajime_woman_good

人をやる気にさせると聞くと、ママだったら「子供にお片づけさせたい」「子供にもっと早く行動させたい」「泣いている子供を泣き止ませたい」「子供に勉強させたい」なんて思い浮かびそうですが、今日のモチベーションスイッチ体験は他人を自分の思い通りにコントロールするということではなく、「家族というチームやお仕事のチームがうまく機能するため」の考え方であると理解しました。

 

まずは自分がマスターをして、それからぜひアドラー心理学の講座にも取り入れたいと思いました!

 

ちょっと余談のようになってしまいますが。私は新しいことをする時に、失敗が怖くてなかなか手につかず「あー。やらないといけないんだけど、あれもこれもできていないなー」なんてお仕事や作業が停滞することがよくあるのですが、そういう時に限って、いつも私に最初にアドラー心理学を教えてくれた先生になぜか偶然会います(笑)。偶然会ってちょこっと立ち話をするくらいなので、特に何も相談はしていませんが、何だか会うだけでやる気が出てしまうのです。直接何も言われていないのに、背中を押された気持ちになります。話すだけで勇気づけられます。頑張ろうって思えたり、自分はこれでいいんだって思えたり。先生の存在そのものが餅ーベーションスイッチ??これって本当すごいと思います。

 

今日はモチベーションスイッチ体験会にも参加し、アドラー心理学の先生にも偶然会い(笑)、加えて別のカウンセラーの先生ともお話する時間もあり。学びが多い1日だったと共に、学び続けるって大切なんだなーと思いました。お仕事だけでなく、子育てにおいても、日々成長していく子供に合わせて、私達ママも日々学びですね。

HOD_0040