【仕方がないんじゃない。もう1つ、選択肢がある!】

 

何かに参加したいと思うとき。でも予定が合わないという場合・・・次の機会を待つか、似たような別のものを探すか、諦めるか・・・そんな感じで私はやってきました。

 

*************

イヤイヤ期サポーターの北村優子です。栃木県宇都宮市で、「アドラー心理学を日常に取り入れて、疲れる子育てから卒業する方法」をお届けしています。

*************

 

昨日ある方から、「アドラー心理学の講座に参加したいけれど予定が合わない。別の日にも開催をしてくれませんか?」というリクエストのメールをいただきました。

mail_woman

そっか!もう1つ選択肢があるんだ!「聞いてみる」っていう・・・。

ものすごい行動力!!!そして熱い想い!!!私は、何だかそのメールを読んでものすごく嬉しくなって・・・。その想いにはぜひぜひおこたえしたいと思ってお返事を出しました。

 

もう1つ選択肢があるっていう大切なことを気づかせてくれてありがとう(#^.^#)

 

「予定が合わないから諦めざるを得ない」と考えると、自分にはどうしようもない感じがしますが、

 

アルフレッド・アドラー

 

は自分で何でも選べる、決められる

 

と言っていることを改めて思い出しました(#^.^#)

 

先週別の方からいただいたメールの中にあった「講座で学んだことが日常生活に生かされている」というものも。

 

「講座で学ぶ→”自動的に日常生活に”生かされる」のではなくて、「子育てに生かすんだ!」ってご本人が決めて、意識して生活しているから、生かされたんですよね。

 

子育てをしていると、「あれも」「これも」。色々なことを諦めなきゃいけない、仕方がないよねって思いになることもあると思います。その思いに慣れると、自分の心の中に何かしたいことが浮かんでも、何とかして実現できないか考えることさえなくなってしまうことも。

 

でも【仕方がないんじゃない。もう1つ、選択肢がある!】

 

実際にどうなるかという結果はさておき、そういう気持ちって大切だと思いました。そして、素敵な選択をする人たちに囲まれて、自分が今ここにいること。私、本当に幸せなんだなーとしみじみ思いました。

 

いつもありがとうございます(#^.^#)