夏休みの宿題が終わらない!ときは・・・?

夏休み、終盤ですね!

終盤あるある(?)のお悩み。

子どもが宿題しない。イライラ、カリカリ。
夏休みの工作は、「親の宿題」状態。
同じく読書感想文も、「親の宿題」状態。

「早く終わらせれば楽なのにな~」

「その感想文、的外れ・・・(^_^;)」

など、親も、モヤモヤしたり、バトルになったり。

今日は、夏休みの宿題が終わらないときの

私たちのあり方、言葉についてです。

どんな答えも正解!

 

昨日は、

【なりたい自分になる魔法の質問講座】でした。

 

台風で延期したため、来れなかった方もいたけれど、

(ただ、当日台風は来ませんでしたが(^_^;))

6名のお子さんが来てくださいました❤

 

今回、年中さん(!)~小3と、比較的

年齢が低いのもあってか、ほのぼの❤

かわいくて、癒されました。

 

この講座は、私の質問に答えてもらうスタイルですが、

約束があり、その1つが、

どんな答えも正解!です。

 

メモ

答えには、大きく分けて2種類あります。

①答えが決まっているもの。

②答えが決まっていないもの。

 

 

①答えが決まっているもの

・1+1=5

・暗号(くらごう)

これはダメですね(笑)。

 

②答えが決まっていないもの

・どう思いますか?

・意見を教えてください。

これは、答えが無限にあります!

工作や読書感想文はどちらのタイプ?

それは、②ですよね。

答えが決まっていないもの。

にも関わらず

・ ・ ・

・ ・ ・

・ ・ ・

「そうじゃないでしょ!」

「ここは、赤を塗らないと!」

「おもしろいって書けばいいでしょ!」

と、”答え”を言っていませんか?(笑)。

 

それは、お母さんの答え。

本人の答えではありません。

手出し口出しによる3つの弊害。

お母さんが、手出し口出しすることによる弊害を

今日は、3つご紹介します。

3つの弊害

1.考える力が奪われる

2.言われなければしないようになる。

3.大人の顔色を窺うようになる

それぞれ、見ていきますね。

1.考える力が奪われる

 

大人が”答え”を言っていると、

子どもは自分で考える機会を奪われます。

元々持っている豊かな発想力、想像力、

それが発揮できなくなります。

 

昨日の講座でも、

「お友達との共通点は何?」と質問すると、

・下着を着ていないこと!

なんて、大人には全く想像つかない答えが(笑)。

 

それで、大笑いして、アッ!という間に仲良くなり。

(休憩中、ホワイトボードにお絵描き。これ、初対面です。)

 

大人に同じワークをしても、こんな発想はありません(笑)。

 

考える力を奪わないは、

考える環境を与える

ということです。

 

言語や心理の研究では、足場作り(スキャフォールディング)

とも言われています。

 

私も、口出ししたほうが早いと感じたことはあります(笑)。

でも、ぜひ、考える環境を子供に与えたい

そのほうが子供が伸びるから!

2.言われなければしないようになる

「言われる=する」のスタイルが身につくと、

同時に

「言われない=しない」のスタイルも身につきます。

 

お子さんが言われなければ行動しないとか、

言われた通りにしか動かないとかで、

イライラ、カリカリ、モヤモヤするとき。

ずっと親が言っちゃっていたのかも?

 

私も、完璧にはできていないところがあり、

日々、心がけているところです。

3.大人の顔色を窺うようになる

これは、教育現場にいて、実は根深いものを感じます。

私の現場は大学ですが・・・

 

大学生でもありますね。

 

「こう言っておけば、先生OKくれるかな」

「こう書けば、先生が満足しそうだな」

 

自分の意見を述べる場(小論文、ディスカッション)でも、

自分の意見ではなく、

教師の満足しそうな

「優等生」的なことを述べる。

日本もそうですが、比較的、親や教師の力が強い東アジア圏に

この傾向は強く見られます。

 

小学生の作文でも、その視点から読んでみると、

「本当に、そんな優等生なことを考えている?(^_^;)」

と感じたりします。

 

私は授業では、私(教師)の満足するものではなく、

あなたが考えたことを表現してほしい。

繰り返し、そう伝えますが、小さい頃から身についているので、

ちょっと時間もかかるし、慣れないんですよね。

 

オリジナリティあふれる考えを表現するためには、

ダメだし、手出し、口出しをされない

安全な環境が必要。

です(^_-)-☆

 

「手出し口出ししなければ終わらない」と

感じることもあると思います。

 

そんな時は、あり方や言葉をこう変えてみると…

今まで10していた手出し口出しを、3減らす。
「ここはどう思った?」と質問してみる。
どんな答えでも、否定しない。

それだけでも違うのではないでしょうか。

子どもの力を信じるということですね。

講座で、お子さんを見守ったお母さんたち。

ママA

よく考えているんだなーと思った。

ママB

意外な一面が見られた。

そんなご感想をいただきました。

私たちが思っている以上に、

子供は考える力があるんですよね❤

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です