子供同士、公園でケンカしたときのお母さんの声かけは?

10月ももう半ばですね!

 

日中は過ごしやすく、

落ち葉がたくさんの公園で遊ぶのも楽しい。

さて、その公園でのあるあるです(笑)。

 

✔あなたのお子さんがブランコを独占。

✔相手のお子さんは泣いてしまう。

✔むりやりブランコから引き離したけど、

お子さんは大号泣で収拾つかない。

✔衝突がおっくうで、公園行くのが面倒。

 

相手のお子さんにも申し訳ないし、

どうしたものか…?

 

「何で仲良くできないのよ?」と

モヤモヤ、ため息がは~ってことも

あるかもしれません。

 

なぜ公園でモヤモヤするのか?

 

お子さんがブランコに執着して、

お母さんはなぜモヤモヤするかというと…

 

人はみんな、

自分なりの理想を持っているから。

 

「こうだったらいいな~。」って(^_-)-☆

(アドラー心理学では仮想的目標と言います)

 

このケースだと、お母さんの理想は、

「お友達と仲良く遊んでほしい」とか。

 

お子さんの理想にも

関心を向けてみると…?

 

お子さんの理想は、

「すごく楽しいから、

ブランコにもっと乗りたい。」とか。

 

それ自体は別に、

悪いことでも何でもない❤❤❤

ブランコのイラスト「男の子」

単に、お互いに【理想】を持っていて、

【現実】と【理想】が違っただけ。

 

ただ、それだけのこと❤

 

あなたが悪いとか、

お子さんが悪いとかの

ジャッジは必要ないんです。

 

先日、

「そう思うだけでも、気がラクになった」

と言ってくださった方もいました(^_-)-☆

 

そして、更に考えてみると、

こんな気持ちが

隠れていることもありませんか?

 

「自分がママ友と関係悪化するのが怖い。

だから、子供には友達と仲良くしてほしい」

 

「子供のしつけがなっていないと私が

ダメなお母さんと思われるかも」

 

「人目が気になる」

 

実は、【子供のしつけ】ではなく

【お母さんの気持ち】が課題だったり…。

 

誰だってゼロとは言い切れないですよね…。

 

完璧な子育ては誰にもできないですもん。

 

「そんな気持ちだってあるよね」って

認めてもいいと思うんです。

 

子供がブランコに執着するときの声かけ❤

こんなことを意識するのはどうですか?

1.共感する

 

まずは、お子さんの気持ちを

言葉にして伝える。(共感)

 

このケースだと、

「ブランコ楽しいから

もっと乗りたいよね~」とシンプルに。

 

この共感によって、あなたのお子さんは、

「お母さんはボクを分かってくれている」

と安心感を持ちます。

 

この共感をすっとばして

 

「ほら、A君だって、乗りたいんだから!」

「仲良くできないならもう連れてこないよ」

「順番こって、約束したでしょ?」

「あなただって、誰かに独占されたら嫌でしょ?」

 

と正論を力説しても、

号泣は収まらないことのほうが多い(笑)。

■

泣き止まないとこちらもイライラしてきて

声を荒げて・・・

 

そして、夜、自己嫌悪で自分を責めながら

「言いすぎてごめんね」と子供の寝顔に謝る・・・

となりかねません(^_^;)

 

子供が泣くとイライラしますよね。

 

子どもの泣き声の周波数は、本能的に

お母さんをイライラさせるという研究も

あるそう。

 

だから、

早く泣き止ませたくなります。

 

でも、

泣くのは

大切な感情表現!!

 

感情を抑えつけてばかりいると、

自分が何を感じているか分からなて、

悲しくても泣けない大人もたくさんいます。

 

今、うちの下の子は

絶賛”イヤイヤ期”でよく泣きますが、

 

泣き止ませることをやめたら、

イライラもグンと減ります!

 

2.解決策を”提案”する

 

共感した上で、

 

みんなで楽しく過ごすための

アイデアを「提案」

します。(△命令、指示)

 

「A君も乗りたいそうだから、

あと10こいだら、交代しよっか?」

 

お子さんに質問するのも効果的です!

 

お子さんが

自分の意志で

決める

ことができるから。

 

「A君も乗りたいそうだけど、

あと何回こいだら、交代できる?」

 

3.どういう結果でもOKとする

 

もし譲ってくれたら感謝を伝える

 

「おりこうさんね」「偉いわね」など

上目線からの発言ではなく(笑)、

 

あくまで対等な立場から

「譲ってくれてありがとう」と

感謝できたらいいですね。

 

「感謝」は

人を勇気づけます。

 

子どもでも、

誰かの役に立てた気持ちになれます❤

 

小さな世界に生きる子供にとって、

ブランコを譲れるなんて、

すっごいことですもの!

 

譲れない時だってある!

 

すんなりいかないことも

当然あると思います。

 

もしも交渉決裂の場合(笑)、

場合によっては、

 

強制的に遊具から放すのも

良しではないでしょうか?

(まぐろの1本釣りみたいに

なるかもしれないけど笑)

 

「共感」「提案」って

丁寧に子供に対等に接したって

思いがあれば、

 

足をばたばたさせて号泣する子どもを

抱えて強制的にブランコから放すのも

仕方がないと、

 

私たちお母さんも、

納得できませんか?

 

共感、提案、感謝を積み重ねると?

 

お母さんと信頼関係ができる
自分で決められたら、気持ちが満たされる
もし譲れたら、貢献感を感じる
もし譲れなくても、

お母さんに丁寧に接してもらえた記憶が残る

 

譲れる譲れないという「今日の結果」は関係なく、

こんな未来になると思うんです。

 

子育ては毎日のこと。

 

だから、これも、100%を目指すのではなく、

10回に1回でも余裕を持って接することを

目指そうって思っています。

 

不完全な自分もOK!ってことですね(^_-)-☆

 

今日も読んでくださって、

ありがとうございました!

*****

今、「あなたと子供の絆を深める

~読み聞かせをする本の選び方~」

 

についての動画を配信しています。

 

ご興味ある方は、Line@にご登録ください。

特典として差し上げています。

 

Line@では、私北村と、

1対1トークができますので、

ご質問にもお答えいたします。

 

友だち追加

よろしくお願い申し上げます。

 

***

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です