あなたのお子さんが本が嫌いな理由

秋の深まりを感じますね!

 

暑かった夏が、すっかり遠くに感じます。

 

夏休み。我が家では、毎年、

宿題の読書感想文が最後のほうに残っているのですが、

 

あなたのお子さんは、夏休みの感想文は

うまく書けましたか?

 

お子さんの読書について、お悩みはありますか?

 

読書感想文が大の苦手。8月31日に泣きながら書く
どうしてよいか分からず、感想文の宿題は親も気が滅入る。
国語のテストを見ると、読解力がないと思う。
もっと本を読んで読解力をつけてほしい!
そもそも本が嫌い。本よりゲームばかり。
マンガなら読む…。
年齢の割に簡単な本を選びがち。

 

 

読解力は、言語力の中でも大切な要素。

 

元々本が嫌いな子なんていないとさえ言われているのに、

なぜ、本が嫌いな子が出てくるのでしょうか?

 

子どもが本嫌いになる、親の声かけ。

 

子どもが選んだ本について、批判的なコメントをする。

名前

3学生なんだから、もっと厚い本を読んだほうがいいよ。

名前

1年生なんだから、絵本じゃなくて小学生向けの本を読んだら?

 

もちろん、良かれと思ってなんですよね(^_^;)

ただ、親の求める”厚い本”や、いわゆる”良書”は、

本人の興味・関心がある本とは限らないです。

 

【1年生におススメの本】などもありますが、

それはあくまで目安。

 

本人が理解できる本とも限りません。

 

これらの声かけに欠けているのは、

本人の選択・自己決定を尊重する気持ち。

 

人は自分で選んだものでないと、

なかなか好きになれないのではないでしょうか。

 

読書を強制する。

名前

頭が良くなるんだから、本を読みなさい!

名前

途中でやめずに最後まで読んだら?

 

好きな時に本を読むという自然な流れではなく、

強制をすることで、本嫌いになります。

 

読んだ後、感想を求める。

 

名前

(読書後)どうだった?

 

ちゃんと読めているか気になって、

質問したくなる気持ちもよーく分かります(笑)。

 

感想文を書かなければならない時は、

尚更ですよね。

 

でもたいてい、返事は、

「おもしろかった…」「良かったよ…」

ではないでしょうか?

 

煮え切らない返事の子供にイライラしてきて、

 

「どこがおもしろかったの?」「具体的には何が良かった?」と

 

いつのまにか問い詰めていたという話も少なくありません。

 

実は、日本では当たり前の(?)読書感想文ですが、

これは、他の国にはない課題だそうです。

 

また、本を読んで何かを理解したり、感じたりする能力と、

人に分かりやすく説明するのは別の能力。

 

たとえ、物語の世界に入り込んで読んでも、

感想をうまく説明できないことはあるんです。

 

親が問い詰めてうちに、

「読んだら色々答えなきゃいけないから面倒だな~」

と本が嫌いになる子もいるようです。

 

大人だって、読書後に毎回感想をきかれるのは

プレッシャーではないでしょうか(笑)。

 

その他。

 

声かけ以外でも、例えば、

 

・本棚の上のほうに子供の本が置いてあり、すぐに手に取れない。

・「もう自分で読めるよね!」ということで、読書は子供に任せっぱなし。

 

などの環境も、意外な原因として挙げられます。

 

あなたの子供が本が好きになるきっかけ作り。

 

環境作りと、一緒に本を読む時間。

 

あなたのお家の本は、

お子さんがすぐ手に取れる場所にありますか?

 

目に付く場所にも本が置いてありますか?

 

また、読み聞かせをしたり、図書館や本屋さんに一緒に行くなど、

お子さんと一緒に「本」に触れる時間はありますか?

 

私には、実は反省があります。

 

息子が1年生のときに下の子を妊娠・出産をして余裕がなく、

読書の環境作りをしていなかった時期がありました。

 

1年生なので、一応もう自分で本も読めるし、

気になりつつそのままに(^_^;)

 

でも本当は、大人の

ちょっとした援助により

子どもが何かをできるようになる

環境をデザイン

することは教育において、とても重要。

 

ロゴフやウッドといった研究者は、

その環境作りをスキャフォールディング(足場作り)

と呼んでいます。

 

何より、この「一緒に」という時間は、

「お母さんが僕のために時間を使ってくれている」

という満足感、信頼感にもつながります。

 

とはいえ、その頃の私は、体調や、

赤ちゃんのお世話という事情もあったので、

仕方がなかったと思っているんです。

 

大切なのは、今!

 

中高生でも読み聞かせは効果的という研究者もいますし、

 

小学3年生の息子からは、

「本、読んでほしい!」

「寝る前のゆっくりした時間がいいんだよ~」

というリクエストももらっています。

「3年生だから、もう自分で読めるでしょ?」は

禁句です(笑)。

 

一緒に本の世界に触れたいと思っています。

 

「知りたい!」を読書のきっかけにする。

 

絵本も含め、物語や小説など、本はたくさんありますよね。

 

本は、自分の知らない世界に連れて行ってくれるすばらしいもの。

 

でも、もしあなたのお子さんがあまり興味がない場合は?

 

お子さんの好きなこと、知りたいことを

読書のきっかけにします。

 

例えば、うちの息子は先日、

「運動会のかけっこで1位になりたい!」

「リレーも1位でバトンを渡したい!」

とはりきって、朝練までしていました(笑)。

 

そして、この本(↓)を熱心に読んでいました。

 

 

外出時にも持ち歩き、

内容について友達にクイズを出すほど(笑)。

 

息子は、走るのが大大大好き!

 

速く走る方法を知りたかったそうです。

 

誰に言われなくても、この本は読むんです。

 

小説や物語を読みなさい!

と強制はしません。

 

一見、読書と関係なさそうな運動だって、

読む力につなげられる!

 

そしてこれには、

読んだことを実生活(この場合だと速く走る)と

結び付けられるというメリットもあります。

 

読書が嫌いな子。

 

それは、正確には、

 

”本”が嫌いな子ではなく、

”親が選んだ本”が嫌いな子

 

・・・なのかもしれませんね(笑)。

 

そう考えると、

 

ゲームが好きなお子さんは、まずは、

『ゲーム攻略本』を読んでみる

という方法もありますね。

 

中身が理解できなければ、攻略できないんですから(笑)。

 

あくまでこれらは、本が好きになるきっかけ。

 

いずれ、自分の興味や、自分の世界を超えるような本、

物語や小説などにも触れて、幅が広がり、

どっぷりとその世界を楽しめればと思います。

 

「どうだった?」と感想を述べさせない。

 

感想を述べなければいけないプレッシャーで、

本が嫌いになっては本末転倒。

 

たまには、本を読んだ後に、

「どうやったら速く走れるの?教えてくれない?」

「どうやったら、このゲームは攻略できるの?」

話のきっかけにするのはいいと思います。

 

でもそこで、うまく説明できないからって責めたりせず、

あくまで「楽しさ」を損なわないように❤

 

本が好きになることで得られる未来

 

そうやって、

 

本が身近にある環境
お母さんと一緒に本に触れる安心感
本を読む楽しさ
感想を述べるプレッシャーからの解放(笑)

 

などの条件がそろってくると、本来の目的である

人生を豊かにする読書につながると思います。

 

本来、読書は学力アップを目的としたものではないと思いますが、

 

副産物として、読書と学力には関係がある

という研究もたくさんあります。

 

読書の秋。

 

あなたは、お子さんと一緒にどんな本に触れますか?

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました!

***

「あなたと子供の絆を深める

~読み聞かせをする本の選び方~」

 

についての動画を配信しています。

 

ご興味ある方は、Line@にご登録ください。

特典として差し上げています。

 

Line@では、私北村と、

1対1トークができますので、

ご質問にもお答えいたします。

 

友だち追加

よろしくお願い申し上げます。

 

***

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です