アドラー心理学

 

来年も、パルティとちぎ男女共同参画センター様で、

 

アドラー心理学講座を担当させていただきます。

仕事のピンチをチャンスに変える!

 

こちらは、仕事に特化したバージョンのアドラー心理学です。

 

今年の様子は、こちら↓。

【情報誌『Parti』に講座の紹介をしていただきました】

 

定員は25名様ですが、今年も、それを超える人数のお申込みをいただいているということ。

 

本当に嬉しいお話です。ありがとうございます。

 

増席が決定したそうです。

 

この講座を担当してくださっているNさんも、私も、

 

「どんな方たちと、どんなカラーで、どんな時間を一緒に創り上げていこう?」と、今からドキドキワクワクしています。

 

講座は、講師が創るものだと思っている方へ

 

確かに、資料を準備するのは私。前に立って、お話させていただくのも私。

 

でも、担当の方は、1年も前から準備してくださっています。

 

他のスタッフの方々も、チラシを配ってくださったり、それに伴う色々な作業をしてくださっています。

 

そして、ご参加くださる方がいるからこそ、講座が成り立っています。

 

会場全員を巻き込んでのワークもあります。

前回は、会場の一体感がとても感動的でした。

 

同じタイトルの講座でも、ご参加くださる方によって、雰囲気もカラーも違う。

 

私は、講座は、みんなで創り上げるものだと思っています。

 

この講座は、チームで一体となって、創り上げる講座です。

 

キーワードは、

 

チームワーク

 

です。

 

チームワークが強まれば、働きやすさがグンとUPし、利益UPにつながる。

 

アドラー心理学の言葉で、「チームワーク」と似たものに、、

 

共同体感覚

 

というものがあります。

 

人は、

私の存在には意味がある
私は人に貢献できる
この世は安全だ
この世は安全だ
私には居場所がある

これらの思いが揃った時、幸せを感じられるというものです。

(これは、梶野真著『アドラー心理学を深く知る29のキーワード』を、私が簡略化して書きました)

 

経済産業省が定義する「社会人基礎力」の3つのうち、1つが

 

チームワーク

 

なんですよね。仕事において大変重要な要素です。(仕事だけではありませんが)

 

経産省は、「チームワーク」とは、以下の6つだと言っています。

 

①自分の意見を分かりやすく伝える力
②相手の意見を丁寧に聴く力
③意見の違いや立場の違いを理解する力
④自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
⑤社会のルールや人との約束を守る力
⑥ストレスの発生源に対応する力

 

(より詳しく知りたい方は、経産省のHPへ http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/kisoryoku_image.pdf)

 

講座では、これらの全てを、アドラー心理学+αを通して学びます!

 

「チーム」で協力すると、利益がUPするって言うけれど…

 

具体的に、

 

どう言えば、上司に意見が伝わりやすい?
どうすれば、部下の話をよく聴ける?
なぜ、あの同僚には「常識」が通じない?
人間関係が複雑になりすぎた。どうしたらいい?

 

そんな課題に取り組みます。

 

 

アドラー心理学を通して、強い「チームワーク」を築く1歩を踏み出したい方のご参加をお待ちしております。

 

お申込みは、パルティ様から。

 

http://www.parti.jp/kouza/index_11.html

 

締め切りは12月12日(火)です。託児も準備してくださっています。)

 

ご一緒できますことを、楽しみにしております。よろしくお願いいたします。

 

******************

少人数で、自分の話を色々聴いてもらいながら、じっくり学びたい方向け

 

私は産業カウンセラー。産業カウンセラーは、数あるカウンセリングの中でも、

 

「聴く」を大変重視したスタイルを取ります。

 

私たちって、普段、人に自分のことをじっくり聴いてもらえる機会はありません。

 

でも、人は、聴いてもらうことで、自分の中にある能力を、自分で引き出すことができます。

 

4名限定だからこそできるスタイルの講座↓です。

 

体験会【イライラママの心を癒す、アドラー心理学勇気づけ講座】