栃木県宇都宮市にお住まいのイヤイヤ期でお悩みのママへ。子育てにアドラー心理学を取り入れませんか?

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

プロフィール

北村優子
男の子のママ・栃木県在住
宇都宮大学非常勤講師・宇都宮市就労支援センター講師
資格:教育学修士・産業カウンセラー・アドラー心理学勇気づけリーダーなど

 

略歴

2000年-2002年 福山YMCA国際ビジネス専門学校 日本語科 講師
2002年-2003年 東広島市日本語教室
講師広島市立荒神町小学校 日本語講師
2004年-2005年 東広島市日本語教室 講師
2005年-2008年 拓殖大学日本語教育研究所
非常勤講師としてマレーシアに派遣される
スランゴール州立大学勤務
2008年-2011年 国際交流基金派遣日本語教育専門家としてマレーシアに派遣される
マラヤ大学勤務
2011年-2012年 マラヤ大学勤務中、産後3ヶ月で復帰した仕事と子育ての両立に悩む。頑張りすぎてヘトヘトになり、夫との関係も複雑になって孤独を感じる中で、元々学んでいた心理学やカウンセリングに救われ、「私の他にも、心理学やカウンセリングを必要としているママがいるのではないかな?子供のためにもママはハッピーな状態でいたほうがいい」と思う。教育現場から一旦離れ、カウンセリングなどを本格的に学び始める。
2013年~ 宇都宮大学非常勤講師・宇都宮市就労支援センター講師
2014年~ 芝浦工業大学日本語短期プログラム
講師クルールとちぎ「ママのための心理学&リトミック講座」講師(開催:約2ヶ月に1回。心理学担当)

現在取り組んでいる研究

平成27年度、漢字・日本語教育研究助成を受け、大学院時代の2人の仲間とともに、現在は以下の研究に取り組んでいます。この研究はアドラー心理学やカウンセリングを取り入れています。

プロジェクト名 仲間と創る授業プロジェクト
研究テーマ 作文授業を改善する実用的なアイデア教材の開発
ー日本語教師・日本語学習者の意識調査をもとにー
北村の担当 ①大学における、アサーションおよびアドラー心理学の
視点を取り入れた授業デザイン考案
②カウンセリングスキルを用いたPAC分析、インタビュー
調査統括

著書

『日本語能力試験N1文法 スピードマスター』(共著)

 

論文

「「学習者のために」を追い求めたアクション・リサーチ―地域の日本語教室における1回完結型授業の試みを通して」(共著)

「日本語学習者の読解に関する研究―中心文を見つける力と文章理解度に注目して―」

「理工系科目で活用できる作文能力の育成を目指した授業について」(共著)

お気軽にお問い合わせください TEL 0285-39-8470 10:00~17:00(月曜日~土曜日)

PAGETOP
Copyright © 2015 PRECIOUS FAMILY All Rights Reserved.