コロコロ指示が変わる相手との仕事が楽しくなる〇〇〇〇〇。

夏休み、終わりましたね!

夏休みは、お仕事をセーブして、お子さんのために時間を使った方も多いのではないでしょうか。

私もです!

これから、少しお仕事に集中する時間が増えるかな?

仕事といえば…私は昔、こんな悩みがありました。

北村さん、Aしといてね。

上司

わたし

承知しました。

後日。

わたし

A、出来ました。
あ、やっぱいいや。Bにして。期限は明日ね。

上司

わたし

・・・・・分かりました。

こんなふうに、

急に指示が変わり、これまでの仕事が無駄になる。
でも何も言えず、平静を装って指示に従う。
Noが言えなくて、仕事を抱え、夜中に仕事をしている。

(これ↓はイメージです。たまたまスマホにあった写真を使いました。笑)

こういう人は、きっとまじめなんですよね~(笑)。

自分の仕事が好きで、責任感が強い人でもあったり。

でも、よく考えると、それだけではない部分も。

Noが言えない理由

たまーに、がんばって、小さい声で「No」が言えても(笑)、ちゃんと主張できていないので、伝わりません。

相手が「ああ言えばこう言う」タイプだと、結局言いくるめられたり・・・。

家でよく考えると、理不尽さに怒りがこみあげる。

イライラがたまり、時には、家族に八つ当たりしてしまう。

夫に、しょっちゅう仕事の愚痴を言う。

悔しい人のイラスト(女性)

そんな自分にほとほと嫌気がさしていました。

なんで言えなかったのでしょう?

いろいろ理由はありますが、1つには、

嫌われるのが怖かったんです。

Noを言うと、嫌われると強烈に思い込んでいました。

Noを言うための3つの考え方。

「嫌なことは嫌って言えばいい」と、人に何度も言われました。

でも、どうしてもできなくて・・・。

いい人すぎたんでしょうか(笑)。

理不尽な相手の要求にも、Noが言えない自分にも、イライラしていました。

どうしても、自分の思いを伝えられるようになりたくて、【アサーション】というものを学びました。

アサーションとは、相手も自分も大切にする伝え方のこと。

今日は、それをベースに、Noを言うための考え方を、3つご紹介します!

POINT

1.正しさをいったん捨てる。

2.「言いにくいんですが+意見」を言う。

3.どうしたいのか、本当の気持ちを言う。

1.正しさをいったん捨てる。

イライラした状態で、冷静に何かを伝えるって難しいです。

怒っている場合は、まずはクールダウンさせたいですね。

そもそも、人はどうしてイライラするんでしょうか?

それは、、、

正しさにこだわりすぎていることがあります。

Aと指示を受けたから、私はAをした。何の説明もなく、急にBと変えて、私が夜中まで仕事をするのは理不尽。Aをした時間が無駄になった!思いつきに振り回される…いい加減にして!

それは多分「正しい」想いですね。

でも、正しさにこだわっても何も変わりません。

ある時、自分にこう質問したんです。

・ ・ ・

・ ・ ・

・ ・ ・

自分の正しさを証明したい?

それとも、

楽しく仕事したい?

答えは後者でした。

そうしたら、「正しさ」をいったん脇においてみます。

2.「言いにくいんですが+意見」を言う。

楽しく仕事するには、私は相手に何を言えばいいだろう?

それは、率直に正直に意見を言うことです。

「意見は言いにくいなあ。」

と感じているなら、それを正直に言うのも、アサーション!

「言いにくいんですが・・・」と最初につけてみます。

これがあるだけで、不思議と、自分の意見が言いやすくなります。

(※これは例なので、私の立場で言いづらいんですが…など、アレンジしてみてくださいね)

3.どうしたいのか、本当の気持ちを言う。

上で、「率直に正直に意見を言う」と書きました。

ですが、本心を言い慣れていないと、相手に嫌われないようなことをつい言っちゃったりします。

例えば、本心では、BよりもAのほうが内容がいいと思っているのに、

わたし

Bのほうがいいと思いますが、時間がないので、Aにしませんか?

と言っちゃったり。

また、本当の気持ちが分からないという人もいるかもしれません。

私も、

人にどう思われるかを気にしすぎて、そもそも自分の本心が自分で分からない時期が長かったです。

「私は本当の気持ちを言ってもいい!」ってまずは思うことが、小さいようで、大きな1歩!

Noが言えた時のメリット

怖くて怖くてたまらなかったのに、Noを言ってみれば、意外と簡単でした(笑)。

メリットはたくさんありましたが、

  • 相手とかえって仲良くなり、仕事のストレスが激減。
  • 無茶ぶりなリクエストをされることも激減。
  • 言えた自分が好きになる。満足する!

ものすごく大きなプレゼントを得た気分。

意見が言えるようになると、確実に、人間関係が良くなります。

そうすると、仕事がますます大好きになりました。

家族への八つ当たりも減っていき、家で楽しく過ごす時間が増えました。

特に、

「正しさをいったん捨てる」は、自分の心が決める

ので、取り組みやすいかな。

不思議なくらい、気持ちが軽くなったりします。

コロコロ指示が変わる相手との仕事が楽しくなるアサーション。

あんなに悩んでいたのに、慣れると「何で言えなかったんだろ?」と懐かしいです(笑)。

誰もが、今苦しくても、懐かしく微笑ましく、その悩みを思い出せる日が来ると思います。

小さな1歩を踏み出していれば。

今日も、読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です